トレード記録

【2021年5月21日】AUD/JPYのトレード記録「7万負け!典型的負けトレード」

2021年5月22日に行ったトレードの結果です。

FX初めて以来、最大負け額となる「7万負け」をしました。

雑なトレードをしたあげぐ、感情的になって追加で取引したら負債が広がる」という典型的な負けトレードをやってしまいました。

資金も3分の1までへり、マジでへこみました。

 

ですが、失敗を生かせるのがFXの良い所です。

「これから稼ぐための勉強代!」と思って反省していきたいと思います。

 

■FXの通算成績■

+6万5312円(2021年3月1日~2021年5月22日)

 

通貨ペアの選定

東京市場ではAUD売りの流れでした。

よって15時からの「AUD買いの動き」を狙っていました。

その中で、AUD/JPYを選んだ理由は「4時間足の200MAがサポートとなり反転する」と思ったからです。

15時を迎える段階でちょうと4時間足の200MAがタッチするかどうかのタイミングでした。

「下がってもここのサポートは強力だろう」とテキトーに考えてエントリーしました。

結果的にいえば、サポートとして機能せず下に抜けました。

 

反省のポイント1つ目はこの根拠のない通貨ペア選びです。

「売りからの反転買い」を狙うのであれば、上位足のトレンドが上向きの方が理にかなっています。

ところが、今回は上位足で見ると下げ方向。

つまり、上昇反転となると相応の根拠が必要です。

 

エントリータイミングは次の3か所でした。

①はもみ合った後に強い陽線が出て25MAを抜けたので入りました。

最近「しっかり上がった後に入って下がる」ことが多く、「どうせ上がるなら早めに入ろう」という思考が働き、飛び乗りました。

この判断は悪くなかったと思っています。

ダメだったのは損切ラインを設定しなかったことです。

ここで前回安値にちゃんと設定していれば事故は防げたはずです。

 

損切りしたのは、この地点。

正直「何となくで損切りしました」。

本来ならば「資産の20%の損失を出した時点で損失」がルールのはずなのに。

「まあ勝つだろう」とテキトーにした結果がこのざまです。

この時点で「過去最大の負け額4万5000円」を計上しました。

 

さらにひどいのはここからです。

損切りした後に上昇した事に「なんでやねん」と怒りの感情が。

その後75MAを抜けたところで「ここから本格的な上昇がくるか」とテキトーに考え、再エントリーしました。

結果はチャートの通りです。

この後下落していき、さらに負債を広がる結果になりました。

今日の反省

今日は反省がありすぎます。

まとめると

  1. 反転の根拠が薄い通貨ペアを選定した
  2. 利確目標、損切りラインを設定していなか
  3. エントリータイミングに根拠がない
  4. 負けた直後に感情的なトレード

今思い返すと「全部なんでこんなことしたんだよ」というトレードです。

せっかく15万までためたのに、6万まで減ってしまいました。

「増やしたのに減らしたくない」という思考が損切りを遅らせた感はあります。

 

とはいえ、やってしまったことをいつまで悔やんでも仕方ありません。

この反省をしっかり生かしていきたい。

具体的には取引ルールをしっかり設けるつもりです。