トレード記録

【2021年4月28日】GBP/AUDのトレード記録 ~初心者が調子乗った結果~

2021年4月28日に行ったトレードの結果です。

  • GBP/AUD -11715円
  • エントリー① (6ロット/-13.2ピップス/-6685円)
  • エントリー① (4ロット/-14.9ピップス/-5030円

取引を終えた感想は「初心者が調子乗った結果、負けるべくして負け」といったところ。

最近負けていなかったので「今日も大丈夫だろw」と雑なトレードしてしまいました。

具体亭には「二つ目にムダなエントリーをして損失を増やした」ということ。

詳しく解説していきます。

 

■FXの通算成績■

+13万7666円(2021年3月1日~2021年4月28日)

 

通貨ペアの選定

GBP/AUDを選んだ理由は4つあります。

  • 東京市場の開始から14時までずるずると下げ
  • 14時30分から反転の挙動(1分足で75MAを抜く動き)
  • 1時間足の200MAがサポートになりそう
  • 上げに転じた時に障害がなさそう(少なくとも、どの時間足でも移動平均線は当たらない)

 

こちらがエントリーしたときの1時間足。

緑色が200MAで、サポートラインとして意識している感じがありました。

 

 

目標値としては「4時間足の200MA」に設定しました。

値幅としては「約60ピップス」ほどです。

 

対して損切りは「東京市場の安値」かつ「1時間足200MAのサポートが効かず抜けた」ところ。

値幅としては「約20ピップス」です。

リスクリワードとしては「1:3」です。

 

エントリーと決済のタイミング

 

一つ目が下の画像の①(15時05分)です。

最初は、1度200MAを抜いて反発したところで入ろうと検討していました。

しかし、昨日のトレードで、入った後に上げ切らず200MAを割ってきた経験があったので少し様子見。

「再度下落してから、落ちてくるのではないか」

「上昇し続けたら、高値を越えたタイミングで入ろう」

と思っていたら、やはり下落してきました。(昨日の反省が生きました!)

下降から75MAで反発、200MAを抜け強い陽線が出たところでエントリーしました(①=15時5分)

まずは6ロットです。

 

その後は上昇したものの、思うように伸びず。

下落してきたため、↓のようなことを考えていました。

 

でその後に、2つ目のエントリーを入れました。

②(16時47分)で4ロット入れました。

オレンジの線を引いたように「ダブルボトムのネックライン割れ」を狙いました。

が、結果的にこれが大失敗でした。

その理由は「明確にネックラインを割らずに入った結果、下落する」と最悪のパターンに入りました。

 

ここが今回トレードの一番「雑な部分」です。

  • チャートを自分の都合のいいように解釈
  • 自分のルールを守らない(ネックライン割れ)
  • 明確な動きがない前に判断は結局のところギャンブル

というのが「私がやった雑だった所」です。

 

ネックラインを割れず、ずるずると下落。

「あーやっちまったわ」と瞬間、感じました。

200MA(緑ライン)も割って、続落しそうな感じがしましたので「早めに損切り」しました。

 

反省と感想

一つ目のエントリーはOKだと思っています。

問題は二つ目のエントリーです。

これは完全にいらない損失でした。

 

「ダブルボトムのネックラインを割る前にエントリー」するというミスがなぜ起きたのか?

単純です。

1ピップスでも早くエントリーしたかった」に尽きます。

 

これは何も今回だけの話じゃないです。

少しでも高くポジションで売り注文したい

少しでも低いポジションで買い注文したい

という気持ちが先行しすぎる傾向が自分にはあります。

明確な上昇、下降の動きが出る前に入ってしまったら「結局のところ2分の1のギャンブル」になってしまいます。

 

今回のトレードも「あと1、2ピップス様子を見ればエントリーしなかった」はずです。

4ロット入っていたので、

2プップス=800円を取りに行った結果-5000円

という最悪の結果になりました。

 

まあ、悔やんだところで仕方ありませんよね。

それよりも「ミスを経験できた」と前向きにとらえます。

今日の教訓は「目先の微利益ではなく、ムダな損失を出さないことが最優先」です。