トレード記録

【2021年5月3日】EUR/JPYのトレード記録「3分目離した隙にマイナスに…」

2021年5月3日に行ったトレードの結果です。

  • EUR/JPY -1万7040
  • エントリー① (6ロット/-11.7ピップス/-7020円)
  • エントリー② (6ロット/-16.7ピップス/-1万20円

この日、学んだ事を言います。

損切は必ず設定しておこう

ということです。

 

結論からいうと、この日は「3分間目を離した隙に爆上がりして負けた」というトレードになります。

正直、「やっちまった…」とかなりへこみました。

でも、これも「次に生かすための経験」と考え、この記事を書いている次第です。

 

 

■FXの通算成績■

+12万9058円(2021年3月1日~2021年5月3日)

 

トレードの反省

今回は「通貨ペアの選定」や「エントリータイミング」の詳細はナシです。

そんなことよりも「やってはいけないミス」をしたのでそこを深堀していきます。

 

簡単にまとめると

  • ①と②で売りでエントリー
  • 赤四角のとこで、チャートから3分目を離す
  • 大きく逆行している事に気が付き、慌てて損切り

という感じです。

 

エントリーして3~5分チャートから目を離すということはよくありました。

ですが、この短時間でここまで値が動く経験はありませんでした。

ですが、今回は3分で15ピップスは動きました。

ふとチャートを見た時に爆アガリしているのを見て、リアルに「ハっ?」て声出ましたね。

 

本来考えていた損切りラインは「75MAを抜けてきたら」でした。

少なくとも10ピップスはムダな損失ということになります。

 

悔しいけど、もうやったことなんで仕方ありません。

この失敗を生かすため、真摯に向き合った方が100倍有意義なので分析してみます。

ではなぜ、この失敗が起こったのか…

それは「逆指値注文をしていなかった」からに尽きます。

 

私はデイトレではほとんど逆指値を置いていませんでした。

それは、過去に「大きな陽線(陰線)で逆指値まで食われた後に、自分が張っていた方向に動く」という苦い経験を何度かしたからです。

あとは「プライスアクションを見ながら、損切りの判断をしたい」ということもあります。

どうせ成り行きで損切するから、いちいち逆指値設定しなくていいやーという感じでやっていました。

 

ですが、この方法だと予期せぬ急激な動きの時に対応できません。

今回はあの時間帯にクロス円の通貨ペアは急上昇しました。

あんな上がり方したらどうしようもないです。

 

今後はしっかり逆指値を設定していきます。

逆指値のポイントは「損切ラインより5ピップスほど離れた」ところに置こうと思います。

先ほどもいったように「逆指値だけ食われて戻る」のが一番嫌だからです。

ここまで逆行したら、さすがに切ろう」というラインにおく感じです。

あくまで「緊急事態を防ぐ目的」ですからね。